2010年06月21日

超気象兵器を切望します


梅雨に本格的にはいった感じがしたので自生していた紫陽花をパシャリと撮影してきました。
個人的には暑さは大丈夫なんですが、湿気が大の苦手で参ってしまいます(髪なんかいつも以上にクシャクシャに・・・)。でも雨が降らないと植物は育たないし人間も水不足やらなんやらで参ってしまうので降るなとはいえないのですが、そろそろ人間の科学力で気象をコントロールできないもんですかね?






タグ :紫陽花曇り

同じカテゴリー(雑記)の記事画像
フレッシュ
こんな困難な状況
鴨かもカモ
人生いろいろ
天下御免の菊の代紋
強い者が勝利するのではなく、勝利した者が強いのです
同じカテゴリー(雑記)の記事
 こんなもんです (2010-12-30 16:30)
 フレッシュ (2010-07-03 21:09)
 こんな困難な状況 (2010-07-02 19:03)
 鴨かもカモ (2010-07-01 19:52)
 人生いろいろ (2010-06-30 18:00)
 天下御免の菊の代紋 (2010-06-26 18:01)

Posted by 宝塚  at 19:12 │Comments(2)雑記

この記事へのコメント
神林長平の小説『今宵銀河を杯にして』には気象爆撃なる爆弾攻撃が登場しますよ! 椎名誠の『武装島田倉庫』にも油の雨を降らす攻撃が有ります !(肉体から魂だけを遊離させる爆弾も登場します)
SF小説ですが宜しければ御一読を…………=^・ω・^=
Posted by ネコ at 2010年06月21日 23:26
ネコ様コメントありがとうございます。SFの作者たちの発想力は凄まじいですよね、今は実現不可能なアイデアでも100年もしないうちに現実の物になっているかもしれませんね(事実100年前の空想物や発明は現在は殆ど実用化されていますしね)。
長くなりましたすみません、情報ありがとうございました、近いうちに座り読みしてきます。
Posted by 宝塚宝塚 at 2010年06月22日 18:56
※会員のみコメントを受け付けております、ログインが必要です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。